全てはモテるために

【簡単】メンズ モテるファッションのポイント3つ

これからおしゃれになりたい人「ファッションの初心者だけど、どうやったらおしゃれになれるだろう。モテたいので、おしゃれになるためのポイントを教えてほしい。どういったサイズや色の服を着たらいいかわからない。」

 

 

このような問題を解決していきます。

 

この記事を書いている僕は、モテるためにおしゃれになることを決意。ファッション関連の本を何冊も読みましたし、有料のファッションコンサルも数回受けたことがあります。

そんな僕がおしゃれになるための基本的な3つのポイントをまとめました。

 

モテたい男がおしゃれになるには「3つのポイント」を抑えたらOKです

 

3つのポイントは以下のとおり。

①シルエットはIラインシルエット

②パンツの裾は短め

③色はモノトーンで全身3色以内

ということで、ざっくり見ていきます。

 

①シルエットはIラインシルエット

 

ファッションでのシルエットとは、衣類を身につけているときの輪郭のことをいいます。

それがスマートであったり、大きめであったりすることによってシルエットの種類が変わってきます。

基本のシルエットは以下の3種類。

・Iラインシルエット

・Aラインシルエット

・Yラインシルエット

順番に見ていきます。

 

✔︎・Iラインシルエット

まずは、Iラインシルエット。

こちらは「I」の文字通りトップスもボトムスも細いアイテムを使った上下ともに細いシルエット。細長く見えるIラインシルエットを使うことで、身長を高く見せることが可能です。

スーツと同様で、シンプルでスマート印象が特徴。

 

✔︎・Yラインシルエット

続いて、Yラインシルエット。

アルファベットの「Y」のように、上がゆるめで、下が細めです。

「Y」は「I」とも形容されることがあり、トップスにボリュームをもたせて、ボトムスに細めのアイテムを使ったシルエット。華奢やぽっちゃりといった体形の悩みも隠しやすいのが特徴です。

 

✔︎・Aラインシルエット

最後に、「A」ラインシルエット。

同様に「A」の文字通り、上が細く、下がゆるめのコーディネートとなります。

こちらはトップスが細め、ボトムスがゆるめのアイテムを使ったシルエット。下半身の体型をカバーできるとともに、男らしさのあるコーディネートを作ることが可能。

 

Dineで70%以上の評価を得るためにやるべきこと【マッチングアプリ歴3年以上の僕が徹底解説】

Dineの写真で評価が低い人「Dineで高評価を得られる写真をもってないな…。いい写真がないから、可愛い子とマッチしたいけど、全然マッチしない…。女性受けが良い写真を選ぶのが大切だけど、評価の高い人は ...

続きを見る

 

✔︎Iラインシルエットをおすすめする理由

基本の3つのシルエットをザックリと見ましたが、特におすすめなのはIラインシルエット。なぜなら、メリハリがあっておしゃれに見えやすく、失敗もしづらいから。

Iラインシルエットによって、シンプルでスマートな印象を見た人に与えることができます。服を選ぶ際も自分の体にフィットした適切なサイズを選びさえすれば、服選びも比較的簡単で失敗することは少ないでしょう。

ここで変に、YやAラインシルエットにすると、服装のメリハリがつかずに野暮ったいイメージを与えてしまいます。お店で服を買う際は、自分の体にフィットしたものを選ぶとOK。

 

②パンツの裾は短め

2つ目のポイントは、パンツの裾を短めにすること。

これは僕が普段からパンツを買うときに意識していること。

通常のパンツを買う際は、下の写真のようにズボンの裾を自分のくるぶしが少し見えるくらいの長さ(=短め)で、裾上げをしてもらいます。

これだけで見た目が全然違います。長くて裾が余っているとダボダボした野暮ったいイメージを与えてしまいますが、裾を短くすることでスマートなおしゃれさが演出可能。

 

ユニクロやguなどのお店は、無料〜数百円程度で裾上げ(数時間〜翌日頃までに完成)をしてくれます。(※基本は試着室で店員さんを呼んで裾上げをお願いします。)

裾上げをするとすぐに買ったものが持ち帰れないので面倒ですが、これだけでずっと履いていたいと思えるズボンに様変わりしますので超オススメ

ちなみにですが、基本的にファッションに自信のない人は、あまり短パンを履かないほうが無難。

 

③色はモノトーンで全身3色以内

 

最後の3つ目のポイントは、色柄について。

色は、基本的にモノトーンがおすすめ。モノトーンとは、単色のことで白・黒・グレーのこと。柄もチェックやストライプなど様々ですが、基本的に無地がベスト。

プラスして、ネイビーもシンプルな色なのでOKだと僕は思ってます。

コーディネートの基本として4色以上はNGとよく言われるように、全身の色は3色以内に抑えましょう。カバンや靴の色もそろえるとさらにカッコよく決まります。

マッチングアプリのプロフ写真選びにDineの自動最適化機能をオススメする3つの理由【マッチングアプリ歴3年以上の僕が解説】

マッチングアプリのプロフ写真選びに迷っている人「マッチングアプリってどういう写真をのせたらいいかわからないな…。しかも、全然女の子とマッチングしない…。女性受けが良い写真を選ぶのが大切だけど、女の子と ...

続きを見る

 

おすすめアイテム

 

というわけで、簡単におしゃれになるポイントを3つ解説しましたが、最後におすすめアイテムを紹介します。以下の各部位に分けて紹介します。

 

①トップス

・セットアップジャケット(黒・グレー)

・タートルネック(黒・グレー)

・セーター(黒・白)

・無地のワイシャツ(白)

・Vネックティシャツ(白・黒・グレー)

 

②パンツ

・セットアップパンツ(黒・グレー)

・スキニーデニム(黒)

 

③その他

・レザーシューズ(黒)

・ブーツ(黒)

・コンバースハイカットスニーカー(黒)

 

このあたりのアイテムがあれば、まずはOK。ユニクロ・gu・ZARAで買えます。

買う際は、3つのポイント

  • ①シルエットはIラインシルエット
  • ②パンツの裾は短め
  • ③色はモノトーンで全身3色以内

を忘れずに。

 

というわけで、ざっくりですが、今回はおしゃれになるための3つのポイントをまとめてみました。記事が参考になれば幸いです。

 

-全てはモテるために
-

Copyright© ヒロBLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.